PS4で事前ダウンロードが始まらない場合の対処法!

手動でダウンロード

PS4の事前ダウンロードは大抵ソフト発売日の2日前から始まりますが、発売日前日になってもダウンロードが始まらなければ取り急ぎ以下の操作で事前ダウンロードができます。

ホーム画面の下段(ゲームやアプリが並ぶ段)の一番右のライブラリーを起動。

そしてライブラリー内の「購入したコンテンツ」を選択し、未インストールの中から事前ダウンロードしたいソフトを選び「ダウンロード」を押すだけ。

右上にフィルターがあり、購入日や名前の順で並び替えることができます。

その後ホーム画面上段左の「お知らせ」を見るとダウンロード一覧に表示されているはずです。

それでも事前ダウンロードが始まらない場合は、PSstoreで購入したソフトの画面内に事前ダウンロード期間の表記があるので確認しましょう。まだ事前ダウンロード期間でない可能性があります。

またHDD内に空きがないとダウンロードできないので事前に確認しましょう。

事前ダウンロードされない原因

事前インストール設定されていない

ホーム画面の「設定」→「省電力設定」→「スタンバイモード中の機能を設定」→「インターネットに接続したままにする」を有効にします。

この設定をしておけばスタンバイモード中に事前ダウンロードが開始されます。

事前ダウンロード期間中に予約購入した

筆者の場合は上記の設定をしていたのにも関わらず、事前ダウンロードが決済後半日経っても行われませんでした。

過去事前ダウンロードできていたゲームもあるので、おそらく事前ダウンロード期間中(約2日間)に購入したソフトは事前ダウンロードが始まらないのかもしれません。

その場合は冒頭に書いた手順で手動でダウンロードする必要があります。

まとめ

発売日前日になっても事前ダウンロードが始まらない場合は、ライブラリーから手動でダウンロードをしておきましょう!

無線回線によってはダウンロードに10時間以上かかることもありますから、発売日の0時から遊びたいのであれば前日の午前中にはダウンロードできているかチェックしておきたいところですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です